北名古屋市徳重・あおばファミリー歯科 こども歯科
小児歯科・マタニティ歯科
小児歯科
歯医者嫌いをなくしたい!
小児歯科

お子さまにとって歯医者の治療は、日常生活において経験したことがない未知のことです。
そのため、痛いのかな?怖いのかな?という不安な気持ちを抱くのは当然のことです。
当院では、日本小児歯科学会が認定した小児歯科専門医が診察します。お子さまの気持ちをよく理解したうえで、「歯医者さんは怖くない!楽しいところなんだ!」と思ってもらえるように心掛けます。

なぜ子どもの頃の治療が大切なの?
小児歯科

幼少期に行う歯科治療は最も重要です。
子どもの頃に歯医者嫌いになってしまうと、苦手意識を持ったまま成長し、なかなか歯医者に出向かない大人になってしまいます。
また、乳歯が虫歯になっていると、次に生えてくる永久歯に虫歯の大きなリスクがあるのは当然のことですし、乳歯は永久歯を正しい位置に誘導する役割も担います。
よって、子どもの頃のケアを怠ると、生涯の健康にも影響が出てくるのです。

トレーニングからはじめましょう
心理学分野の行動療法の一つに"シェイピング法"というものがあります。これは、目的とする行動の変化に辿り着くため、簡単なことからはじめ、徐々に目的に近づける方法です。具体的には、まず診療チェアで歯磨きをすることからはじめ、歯医者で使用する器具を段階的に経験してもらうことで、怖くない歯科治療が実現できます。
当院では、このようなトレーニングを推奨しています。
また、「トレーニングによる治療が完了したから終わり」ではありません。永久歯と違い乳歯は弱いので、虫歯になるとすぐに進行してしまいます。お子さまの歯は大人が管理をすることが大切です。歯医者でこまめな定期検診を受けましょう。
小児歯科トレーニング
マタニティ歯科
−1才からはじめる虫歯予防
マタニティ歯科

生まれてくる赤ちゃんのために
おなかの中にいる時からできること

虫歯は感染症です。
生まれてくる赤ちゃんは無菌ですが、お母さんの虫歯菌を感染させることで虫歯になってしまいます。妊娠をすると、唾液の成分が変化して虫歯になりやすくなります。
また、妊娠するとホルモンバランスの変化から、流産や早産の原因にもなる歯周病になりやすくなります。
つまり、お母さんの妊娠中からの予防が、赤ちゃんの健康をつくるのです。
生まれてきた赤ちゃんの末永い健康を考えるならば、歯の発育を知ることも大切です。当院では、これらについてしっかりと説明させていただきます。

安定期の5〜8ヵ月が治療にベスト
キシリトールで赤ちゃんを守る
マタニティ歯科

歯磨きだけの妊婦さんと、歯磨きに加えてキシリトール100%ガムを毎日4回以上噛んだ妊婦さんで2つのグループをつくり、それぞれのグループから生まれてきた赤ちゃんの虫歯菌を調査しました。その結果、お母さんがキシリトール100%ガムを摂っているグループの赤ちゃんは、歯磨きだけのお母さんの赤ちゃんに比べ、生後12ヵ月の時点で虫歯菌が見つかる確率が約5分の1と、明らかな効果が出ました。
これにより、妊娠中のキシリトール摂取が生まれてくる赤ちゃんの歯を守ることが分かりました。

子どもの虫歯原因菌検出率

当院は予約制です。
急患も随時受け付けております。

tel:0568542203

<診療科目>
歯科/小児歯科/予防歯科/
審美・ホワイトニング/
レーザー治療/矯正歯科/
インプラント/口腔外科

診療時間

▲土曜午後は18:00まで
休診日:木曜・日曜・祝日

駐車場12台

〒481-0038
愛知県北名古屋市徳重大日16-1

アクセス 北名古屋市徳重
スタッフ募集
保育士在中
小児歯科専門医
ニュース

北名古屋市 徳重
「あおばファミリー歯科 こども歯科」の
小児歯科をご紹介します。

ページの先頭へ戻る